歯のお悩み相談詳細

ご相談

2024/02/13

矯正中、虫歯の疑いがある歯を治療する必要はあったのでしょうか?

チロル様37歳女性
矯正歯科の方でバンド横の歯の虫歯疑いで、かかりつけの歯科で診てもらい必要なら治療をしてもらうように指示をされ診察してもらいました。
その歯は元々2ヶ月前の定期検診で茶色くなっており虫歯の疑いがある歯としてレントゲンを撮って診てもらい、まだ治療の必要はなさそうなので経過観察しましょうとの事でした。
その事は矯正の先生にも伝えました。

結果的に治療をする事になり歯を削って埋める治療をして頂いたのですが、治療後のお話で、自分ならこの歯を削る判断はしないが矯正歯科の先生は厳しいのかな?との話をされました。

自分は矯正の先生から、CTを見ると怪しい影があるがCTでは虫歯じゃなくても影が見える場合があるから、かかりつけ歯科で詳しく診てもらってくださいと指示され歯科衛生士さんにも伝えておりました。

治療をして頂いた歯科の先生が言うには、矯正歯科から預かっていた手紙に(カリエスの治療をお願いします。必要ならバンドを外す処置をします。)と書いてありリング横で汚れが溜まりやすい箇所と言う事もあり治療が必要と判断されたのかなと思ったそうです。

やはり削る必要がある歯だったのかと残念な思いで治療を受けていたので、このお話を聞いた時に削らなくてもよかった歯を削ってしまったのかとショックを受けてしまいました。
この話だと、もししっかり伝達ができていれば今回は歯を削る事はなかったという事なのでしょうか?
それとも、やはり今後のリスクを考えると削る処理をした方が良かったのでしょうか?
初期の虫歯ではエナメル質の部分を削ってしまう事の方がリスクが高いので、削らない方がよいと聞きます。
やはり2次カリエスの危険性はだいぶ高くなるのでしょうか?

河原 雅朗 先生からの回答

河原 雅朗
奈良県
かわはら歯科クリニック
河原 雅朗先生
今後何もしないという判断をして、むし歯が進んでしまったら、やはりあの時しっかりむし歯を削って治しておけばよかった、、、ということになりますし、むし歯が進まなければ、削らずに正解だったね、ということになりますし、その逆に、しっかり削って、あとから削らなくてもよかったのでは、というように考えてしまうこともよくあります。
全てタラレバのことで、結局どれが正解であったかということは、誰にもわかるものではありません。

ですから、経験上、歯科医師は自分の判断のもとに、こうしたほうがよりいいのではということで治療方針を立て、それが10人の歯科医師がいれば10通りの治療方針がある、というように言われるゆえんです。

もうすでに行っている処置に関しては、どうこう考えるよりも、しっかり治してもらってよかった、と思ったほうが精神衛生上もいいと思います。

渡辺 英弥 先生からの回答

渡辺 英弥
福島県
渡辺歯科医院
渡辺 英弥先生
要は、虫歯予防にかかわるところなので、今回はきちんと処置をして、フッ化物洗口をすることで虫歯予防になるかと思いますので、一度フッ化物に関して聞かれるのはどうでしょうか。

歯科医院を探す

全国約68,000件の登録歯科医院より、お住まいの地域や治療内容にあった歯科医院を検索できます。

虫歯に関するお悩み相談

お口の悩みを歯科医師に相談する

ログイン 歯の悩みを相談 歯科医院を検索