歯のお悩み相談詳細

ご相談

犬歯が先天性欠如で、歯の隙間が気になり将来が不安です。

いえじま様20歳女性
先に状況を説明すると、今私は上の歯の真ん中から3番目、犬歯と言われている永久歯がありません。
それは、調べたところ先天性欠如ということが分かりました。
でも調べたところには先天性欠如の場合、乳歯が大人になるまで抜けないと書いてあったのですが、なぜだか私は普通の歯と同じように小さい時にぬけました。(現在13歳)
(乳歯が抜けてからずっと生えてこないので心配になりレントゲンを撮りました)

それともう1本今生えていない歯があって(それも先天性欠如の反対側の犬歯)、その歯は斜めに傾いているため隣の歯にとめられて出てこない、というような事を言われました。

それでもそのレントゲンを撮ってから(小学校中学年くらいから)今までなんの治療もせず放っておいていましたが、中切歯の間も側切歯の間もすごく間か空いていて隙っ歯なのも恥ずかしいですし、将来も心配だし、どんどん不安になってきました。
どういう治療をしたらいいのでしょうか。

酒井 信 先生からの回答

酒井 信
宮城県
にがたけホワイト歯科
酒井 信先生
すきっ歯をちゃんと並べると、当然犬歯のあたりに大きな隙間ができてきますが、その部分に人工的な歯を入れてやることになるでしょうが、いずれにしても永久歯萌出が終わってさらに顎の成長が終了した時点での補綴処置になります。
それまでは、矯正治療で歯並びをよくする治療となります。

河原 雅朗 先生からの回答

河原 雅朗
奈良県
かわはら歯科クリニック
河原 雅朗先生
先天性欠如で歯が無いんですね。
乳歯は根っこに何らかの刺激があると吸収し、歯が抜けるという性質を持っています。
なので永久歯がない場合には吸収が起こらないのでそのまま残るということもあるんですが、例えば歯が窮屈で隣の歯が生えてくるときに隣の歯の永久歯のために吸収が始まることもあります。
また乳歯が残るといっても30歳くらいには自然にぬけてしまうことが多いです。

今回はすきっ歯が心配ということと、歯が倒れているということが問題なのでその治療は歯列矯正ということになります。
保険では出来ない治療になります。)
一度父兄と相談して、矯正の専門医の意見を聞くのが一番かと思います。

渡辺 英弥 先生からの回答

渡辺 英弥
福島県
渡辺歯科医院
渡辺 英弥先生
最終的に決めなくてはいけないのが、歯を削ってもいいのか削りたくないのか。
保険の中の治療か、保険外でもいいのか、になります。

できれば、歯のバランスが悪いようであれば、矯正治療で隙間を確保、将来的にインプラントがいいと思いますが、あくまで予算との相談になります。

船津 三四郎 先生からの回答

北海道
船津歯科・矯正歯科クリニック
船津 三四郎先生
いえじま 様、初めまして。
先天性欠如歯があり、今後の治療がどうなるかご不安の事と拝察申し上げます。

一般的に「先天性欠如歯が有る場合の対応と致しましては、
1.乳歯を絶対抜かない
  60代、70代まで乳歯が持つ場合も有ります。

2.万が一、乳歯が抜けてしまった場合、その時点で治療方針を決める
 1)矯正
 2)補綴
 3)インプラント
 4)義歯
等の方法が有ります。

1度、矯正歯科で診て頂くのも選択肢の1つです。

歯科医院を探す

全国約68,000件の登録歯科医院より、お住まいの地域や治療内容にあった歯科医院を検索できます。

その他に関するお悩み相談

お口の悩みを歯科医師に相談する

ログイン 歯の悩みを相談 歯科医院を検索