歯のお悩み相談詳細

ご相談

マイクロスコープとラバーダムの必要性について教えてください。

HealthyTeeth様48歳男性
これから根管治療を進めていく予定(7年ほど前に治療した箇所)なのですが、以下、ご教示願います。
マイクロスコープによって本当に治療の精度は上がるのでしょうか?いくら大きくして覗き込んだところで、肝心の根管の奥まで確認できるものではないと考えます。
ラバーダムは本当に必要なのでしょうか?治療箇所が低い位置にあれば話は別ですが、唾液が直接触れない程度の高さがあれば不要と考えます。呼気ですら大量の細菌が含まれるため、大切なのは薬剤による消毒なのではないでしょうか。

河原 雅朗 先生からの回答

河原 雅朗
奈良県
かわはら歯科クリニック
河原 雅朗先生
根管治療時のマイクロスコープラバーダムについてですね。

根管治療時、もちろん根管が曲がっていればその先を見ることはできません。
ルーペである程度は(私の場合は十数年は4倍ルーペを使用)見ることもできますし、治療成績もそれほど悪いとは思いませんでした。
ですが実際にここ数年マイクロスコープを導入してから、今まで行っていたようなことをしたのちにマイクロスコープを覗くと思った以上に壁面に残った残留物の多さや、根っこの先まで空いているという状態であっても、汚れが取り切れていないという事実が見えてしまうという事を実体験としてわかってしまったので、やはり精度的にはマイクロがあったほうが理があると感じています。

ラバーダムについてはもちろんその通りです。
唾液が入らなければその目的は達することができます。

でも万が一、という事もありますよね。
電車のホームに最近はホームドアというものがつけられています。
もちろんない時代でもホームに落ちる人はまずいませんでした。
でも、より安全にと考えるとそのホームドアはとても有効ですよね。
ラバーダムはそれに近いと思います。
とはいえ当院でもラバーを使く事は少なく、ズーという器具を使用して唾液や舌、頬粘膜の排除を行っています。

お書きになっていませんが、もう一つ大切な要素として隔壁というものがあります。
仮封時の辺縁漏洩などをしっかり防止するという意味から、その点についてはとても重要な要素だと考えています。
ご参考までに。

渡辺 英弥 先生からの回答

渡辺 英弥
福島県
渡辺歯科医院
渡辺 英弥先生
> ①マイクロスコープによって本当に治療の精度は上がるのでしょうか?いくら大きくして覗き込んだところで、肝心の根管の奥まで確認できるものではないと考えます。

見えるものもあります。
そのあとは各個人の考えでいいと思います。


> ②ラバーダムは本当に必要なのでしょうか?治療箇所が低い位置にあれば話は別ですが、唾液が直接触れない程度の高さがあれば不要と考えます。呼気ですら大量の細菌が含まれるため、大切なのは薬剤による消毒なのではないでしょうか。

一理あります。
ただラバーをかけたほうが治療しやすいことに間違いはないと思います。

歯科医院を探す

全国約68,000件の登録歯科医院より、お住まいの地域や治療内容にあった歯科医院を検索できます。

根(神経)の治療に関するお悩み相談

お口の悩みを歯科医師に相談する

ログイン 歯の悩みを相談 歯科医院を検索